制作実績

パンフレット制作実績

公益財団法人 日本フラッグフットボール協会

協賛の広告・ブランディング効果を企業目線で訴求するパンフレット

パンフレットの構成・デザインを
ビジネスパーソン向けに刷新

日本の教育現場での活動としては珍しく、民間企業からの寄附を中心に普及活動を行っている新しいスポーツ、フラッグフットボール。戦略的な思考力とチームワークを学ぶことができ、運動の苦手な子どもでも活躍することができるフラッグフットボールは、新しい競技としては異例のスピードで文部科学省の学習指導要領に採用されました。普及が拡大する一方で、用具の寄付への対応が追いつかず、待機校が発生する状況となっていました。そこで、協賛企業の裾野を広げるためのパンフレットを制作するプロジェクトが立ち上がりました。アートアンドサイエンスがご提案したのは、企業の社会貢献活動としてだけでなく、広告やブランド価値向上の側面からも費用対効果の高いプログラムであることを訴求するパンフレット。従来の協賛企業向けパンフレットは、色調やデザインも子ども向けに近い可愛いらしいデザインでした。一方、今回のご提案では、このパンフレットが企業向けのツールであることを再認識。広告・販促効果の高いプログラムであることが企業の経営層やマーケティング担当者にも素早く伝わるよう、企画構成からデザインまでご提案しました。

追求したのは「使いやすさ」
納得と共感をともに喚起する設計

新たなパンフレットは、まるで広告媒体資料のように、企業にとってのメリットや効果、需要や市場の大きさといった具体的な数字をわかりやすく説明するツールと位置づけました。数字やピクトグラムによって強調された客観的なファクト情報が、企業のコミュニケーション戦略にとっても価値があるプログラムであることを再認識させ、協賛検討のきっかけとして機能するデザインとなっています。企業の担当者が検討しやすいよう、表組みや数字は大きめに掲載。また、料金表から具体的なメニューが確認できるよう、ページの途中に片観音開きのページを追加したことで、重要なページを参照しやすいというメリットが生まれました。このスポーツの魅力や可能性を伝える、4名の専門家へのインタビューも、撮影からライティングまでアートアンドサイエンスが担当しました。広告やブランド認知に効果が高いというファクトがあるとは言え、協賛という決断を後押しするのは、やはり理念や活動内容への共感。特別な協賛としてふさわしいきらびやかさも重要と考え、用紙には、色の再現性が高く、しっかりとした質感の「OKミューズガリバーグロス」という高級紙をセレクトしました。