お客様の声

株式会社太陽油化業種|建設・不動産・プラント、運輸・物流

ソリューション事業部 荒木幸人さん 櫻井麗華さん

会社の顔となりうる社外広報マガジンが誕生

フレームワークからの提案に驚かれました

私たち太陽油化は、廃油の回収、処理、リサイクル、販売を自社工場で行っている都内23区で唯一の会社です。社外広報誌を毎年発行しているのですが、回を重ねるにつれてコンセプトがズレてきてしまい制作に悩んでいました。そんな時、アートアンドサイエンスのホームページを拝見し、一度お話を伺うことにしました。驚いたのは、まず最初に、誰にどうなってもらったらいいのかというフレームワークから提案していただいたことです。お話を伺うことで、PRや広報の意義を感じました。何を意識して制作するべきか、企業イメージをどうアピールしたらいいのか、誰にどうなってもらうのかということをメインに考えることの大切さを教えていただき、ぜひ制作をお願いしたいと依頼しました。そして実際にできあがった社外広報誌「太陽油化マガジン」は今までとははるかにクオリティの違うすばらしいものができあがりました。

おもしろい切り口がいつも楽しみです

まず2016年の号では、子ども主役にし、子どもたちが太陽油化に訪れ、子ども目線で会社を探検するというアイデアをいただきました。説明するのも難しい業種ですが、子どもが読んでも理解できるような優しい言葉や、子どもによるするどいツッコミなどが入ることでわかりやすい内容になっています。今まで考えていた社外広報誌はもっと硬いものだったので、これは目からウロコでした。読んでいておもしろいマガジンは、ここからスタートしました。2017年は食をテーマに弊社が進めるアップサイクル事業を説明、2018年はクイズをテーマにコンプライアンスを説明するなど、毎回独特の切り口でわかりやすく、おもしろくマガジンを制作していただいています。同業者も環境レポートなど制作物を発行しているところはありますが、どこも難しい内容です。太陽油化だけがユーモアに富んだものを制作している、そのことが広報活動に一役買っていることはあきらかです。

会社の雰囲気を伝えるツールとして大活躍しています

今では企業説明会などに参加する際にも、会社案内ではなく「太陽油化マガジン」を置いているんです。太陽油化の良さが会社案内よりマガジンの方が伝わると思っています。もちろん営業ツールとしても活用しています。マガジンには社員たちが多く登場しており、会社の雰囲気がよく出ているため、お客様との会話が弾みます。3回一緒に制作してきて、太陽油化=太陽油化マガジンというところがしっかり確立してきたと思います。

 

社員からの反響もいいというのも嬉しいです。マガジンを家に持って帰ると家族に喜ばれるという話をよく聞きます。「パパの仕事が分かってきた。おもしろそうだね」と子どもに言われたという声も聞いています。マガジンがあることで、社員のモチベーションが上がっているということはあると思います。いつも短い制作期間のなかで、とてもスムーズに取材や撮影を進めていただいているので本当にありがたいです。提案を頂くときは毎回ワクワク感があり、楽しみにしています。それはマガジンを待っている読者のみなさんもそうだと思っています。これからもよろしくお願いいたします。

制作実績

社員や会社の気風を伝える 雑誌風の社外広報誌

制作物
パンフレット
仕様
A4変形 中綴じ24P
ヴァンヌーボVGスノーホワイト